パーテーションもスペースに合ったものにする|オフィス快適ナビ

社内

ブースを考える

会社

快適な場所を作り上げる工夫がオフィスデザインには必要になってきます。オフィスでは長時間過ごすことになるので、十分に配慮されたデザインが必要なのです。通常は基本形からオフィス全体を考えます。

View Detail

オフィスで最も広い床面

ビル

部屋をデザインするためには部屋の印象を統一するためにインテリアの色も同系色にしていきます。その時、忘れがちなのが床面です。オフィス内装を考える際には床のことを考えないわけにはいきません。

View Detail

合った家具を購入する

ビル

オフィスに合わない家具を購入してはコストが無駄になってしまいます。オフィス家具取扱業者を決める際にはオフィスを作り上げる時に何を重視したいのかを考えるべきだといえます。

View Detail

業者を活用する

オフィス

ほとんどの企業が自社ビルではなくレンタルか賃貸オフィスを利用しています。自社ビルではないので好きに壁に穴を開けることもできませんし、そのため手が加えられる場所には制限が出てきます。しかし、最近では賃貸オフィスもレイアウトがしやすいようにスペースを広くとってあるので、パーテーションなどで間仕切りし部屋を自由自在に作り出すことができるのです。パーテーションといえばハイパーテーションとローパーテーションがありますので、オフィスデザインに合わせて使い分けることが求められます。ローパーテーションは自分で組み立てるタイプのものが人気で、組み合わせて配置すれば簡易な部屋も作れるのです。ハイパーテンションは背が天井まで設置できるものもあり、上の部分が開いていないような完璧な部屋が作れます。

こういったパーテーションのようにオフィスを快適につくり上げるための道具が色々とそろっています。家具も普通の住宅で使うような家具ではなく、オフィスで使うのにふさわしい形式で利用できるようになっているのです。ところで、ただビジネスに必要な部屋を作り机と椅子を設置するだけがオフィスデザインではありません。オフィス内装は人が快適に感じる場所を作るために必要なものなのです。オフィスは長く滞在する場所でもあるので、作業がしやすい動線を考えて家具などを配置しなければなりません。また、オフィスチェアやデスクが個性的だとその企業の特色が感じられるので楽しい気分で一日を過ごすことができます。